1: 名無しの速報 2024/06/10(月) 21:03:00.50 ID:PUYXiXw09
    [2024年6月10日20時21分]

    9日の栃木県鹿沼市長選で落選した候補陣営が配布した政策ビラのイラストが、
    人気漫画「スラムダンク」を原作とするアニメ映画のポスターの特徴と酷似し、
    著作権法に抵触する可能性があることが10日分かった。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで


    【自民政策ビラ「スラムダンク」の映画ポスターと酷似 著作権法抵触か 栃木・鹿沼市長選 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2024/06/10(月) 11:52:50.08 ID:XEKkXXjw9
    筆者もよく利用する日本屈指のファッションチェーン、「ファッションセンターしまむら」は、タキヒヨー株式会社とAI model株式会社との共同で、AIモデル「瑠菜(るな)」を使ったプロモーションプロジェクトを開始したと発表した。AIモデルは生成AIの技術で生成したファッションモデルのことである。

    6月5日付の流通ニュースの報道によると、AIモデルは人間のモデルとは異なり、スケジュール調整や撮影に時間がかからない点がメリットとして挙げられている。AIモデルを扱うAI model株式会社のホームページを見ると、モデル撮影のコストを最大70%削減できるとあり、メリットが強調されている。

    ネット上では賛否両論様々な意見が飛び交っている。2023年、集英社が生成AIを使って創り出したグラビアアイドル「さつきあい」の写真集『生まれたて。』を発売した際は、ネットで大炎上し、発売中止に追い込まれたのは記憶に新しい。

    しかし、ある広告代理店の関係者は、現在の日本社会に漂う雰囲気から推察すると、「生成AIを使ったモデルの需要はあるし、一定のレベルで広まるのではないか」「同様のサービスを行う企業は増えそうだ」とみている。

    「実在のアイドルや芸能人と比べて、生成AIを使ったモデルの最大のメリットはスキャンダルがない点。最近はとにかく瑣末なことでも芸能人のスキャンダルが報じられると、長年準備してきた企画が一瞬でパーになる。企業は謝罪に追われ、損失も大きい。そのリスクを回避できる点が最大のメリットで、魅惑的に映ると思いますよ」

    ■企業側にメリットの大きい生成AI
    最近では、スキャンダルとは無縁と言われたVTuberまでもが謝罪に追い込まれる例が目立つ。いわゆる「文春砲」だけでなく、XなどSNS上での失言など、広告依頼主の不安は多いのだという。ところが、生成AIを使えば、実在しない、完全にヴァーチャルな存在のモデルを生み出すことができてしまうのだ。もちろん、企業が危惧する問題は起こり得ない。

    「生成AIを使ったモデルは企業側にとって都合が良いことしかない。撮影代のコストカットにもつながるし、利便性が高いから、使わないわけがないでしょう。SNSの発達によって、従来とは比較にならないほど広告が炎上しやすくなっている。モンスタークレーマーやカスハラなどの対策のために、活用する企業は増えるのではないか」

    続きはソースで


    IMG_9848


    IMG_9849

    【しまむらの生成AIモデル・瑠菜に反響 炎上なし、低コストで「企業側に都合が良いことしかない」 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2024/06/10(月) 05:31:28.61 ID:rkuRDl5v9
    過去の犯罪行為を告白したことで批判を浴びていた格闘家の「井原良太郎」(登録者数4万人)が、「皆さんに伝えたいこと」と題した釈明動画を投稿しました。

    BreakingDown王者・井原良太郎
    井原良太郎は今年2月に初代BREAKING DOWNバンタム級王者となった総合格闘家です。今月2日に開催された「BreakingDown12」では、バンタム級タイトルマッチにて見事勝利し、同王座のタイトルを守りました。

    そんな井原は、6月1日に公開された「街録ch」(同151万人)に出演しました。インタビューの中で井原は、中学3年生の頃、友人ら数人と共に空き巣やひったくり、金庫泥棒に明け暮れていたと告白。自身が窃盗団のリーダーを務め、学童施設などからもお金を盗んだといい、自身が関わった犯罪の件数は具体的には明かさなかったものの、被害額は数千万円にものぼると語っていました。

    このインタビュー動画は7日までに非公開となっていますが、コメント欄では井原への批判の声が多数寄せられていたようです。

    全文はソースで↓

    【窃盗団で数千万円荒稼ぎ BreakingDown王者・井原良太郎が過去の犯罪告白で炎上し釈明 】の続きを読む

    このページのトップヘ