2022年07月

    1: 名無しの速報 2022/07/28(木) 17:22:54.37 ID:CAP_USER9
    東スポ 7/28(木) 17:05

     実業家のひろゆき氏が28日、自身のツイッターを更新。政界と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)のつながりについて持論をつづった。

     今月8日に発生した安倍晋三元首相銃撃事件の山上徹也容疑者(41)が旧統一教会に恨みを持っており、つながりがある安倍氏を標的にしたと供述したことから、政界と旧統一教会のつながりが注目を集めている。

     自民党・茂木敏充幹事長は党と組織的な関係はないと説明した。一方でこれまでに旧統一教会が末松信介文科相のパーティー券を購入、安倍氏の実の弟・岸信夫防衛相の選挙にボランティアとして参加したことや、二之湯智国家公安委員長が4年前に旧統一教会が関連するイベントで委員長を務めたことが明らかになっている。

     こうしたつながりに野党からは批判の声が上がっている。共産党・小池晃氏もツイッターで岸氏や二之湯氏について、「『防衛』大臣が、反社会的カルト集団と『付き合いもあるし、選挙の際にも手伝ってもらっている』 『国家公安』委員長が『ちょっと名前を貸してほしいというので貸した』 教義は『よく知らない』」と紹介し「いったいどうなっているのか」と苦言を呈した。

     これにひろゆき氏は「共産党のほうがまともな主張をする時代」と反応。自民党の姿勢を疑問視した。

     ひろゆき氏はこれまでにも自民党の下村博文元文部科学大臣や山本朋広元防衛副大臣といった旧統一教会に関わった政治家に対して批判的な意見をつづっていた。

    東京スポーツ
    ひろゆき氏(東スポWeb)
    FullSizeRender
    https://i.imgur.com/LLLZ1hs.jpg

    【ひろゆき氏 岸防衛相と旧統一教会のつながりを批判「共産党のほうがまとも」 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/28(木) 13:37:16.64 ID:+yh4IJJx9
    <ウクライナのゼレンスキー大統領は英ジャーナリストのインタビューで、プーチンの恐ろしさと戦争責任について語った>

    ウクライナに侵攻したロシア軍と戦うこと数カ月、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領について、最も恐ろしいと思うことを明らかにした。

    イギリスのジャーナリスト、ピアーズ・モーガンとのインタビューで、ゼレンスキーは、現在進行中のウクライナでの戦争で「最も恐ろしいこと」は、ロシアの侵略が引き起こした惨状を、プーチンが理解していることだと語った。

    「プーチンは狂人というわけではなくまったく正気で、自分が何をしているのか理解している。それが最も恐ろしいことのように私には思える」と、ゼレンスキーは言う。「彼は自分のしていることを理解し、自分が人を何人殺したかを知っている。何人がレイプされたか、何人の子どもが殺され、祖国を追われたかを知っている」

    さらにゼレンスキーは、「この状況を生み出し、このような人物の出現を許したのはこの世界だ」と言い、だからウクライナでの戦争の責任は「全世界」にあると述べた。

    一緒にインタビューに応じたゼレンスキーの妻のオレナ・ゼレンスカ夫人は、プーチンに対する気持ちを「言葉にするのは難しい」と述べた。

    「たった一つの曲がった考えが、全人類を中世に投げ込んでしまうなんて、理解できない」と、彼女は語った。「本当に何と言っていいかわからない。この状況を言い表す正常な言葉が存在しないので、声に出して何も言いたくない」

    (略)


    【ゼレンスキー大統領「ウクライナでの戦争の責任は「全世界」にある」 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/28(木) 15:09:44.55 ID:siCGIkQB9 BE:532992356-2BP(1000)
    ■FNN(2022年7月28日 木曜 午後0:40)

    WHO=世界保健機関が緊急事態を宣言した「サル痘」について、国内での感染者の2例目が確認されたことが分かった。東京都の小池知事が、さきほど取材で明らかにした。

    「サル痘」をめぐっては、今月25日、都内の30代の男性が、国内で初めて感染者として報告されていた。男性は、6月下旬、ヨーロッパに渡航していて、現地で、感染者と接触していたことが明らかになっている。男性は、都内の医療機関に入院し、症状は安定しているという。

    ※全文は元記事でお願いします


    【「サル痘」国内2例目が確認される 東京都・小池知事が発表 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/28(木) 16:14:40.85 ID:CAP_USER9

    2022.07.28

    日本トライアスロン連合は28日、フランスで個人合宿中だった女子の宮崎集(つどい)さん(25)が、バイク練習中の事故で死去したことを発表した。

    日本連合によれば、宮崎さんは現地時間27日午前9時35分頃、フランス・オルレアンでのバイク練習中に対向車と接触する事故に遭い、亡くなったという。事故の詳しい状況はフランス当局による調査とともに現地スタッフも対応するほか、日本のスタッフも28日に渡仏して対応に当たるとしている。

    宮崎さんは富山県富山市出身。大学からトライアスロンを始め、2019年にはU23日本選手権で優勝。出場を目指す24年パリ五輪に向けても活躍が期待されていた。最後に出場した24日のW杯ポンテベドラ大会(スペイン)では50位だった。

    宮崎さんは今月26日にインスタグラムに投稿。23、24日にスペイン・ポンテベドラで行われたトライアスロンW杯で50位。また、19日の投稿ではアメリカ・カリフォルニア州のロングビーチで、アメリカトライアスロンカップに参加し、19位となったことを報告している。

    IMG_6457
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220728/K10013739911_2207281551_0728155302_01_02.jpg

    【【訃報】トライアスロン女子選手の宮崎集さんがフランス合宿中に事故死、25歳 対向車と接触 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/27(水) 20:51:18.73 ID:pTNWB95Q9
    FNNプライムオンライン 2022年7月26日 11:10

    女子高生に対する児童買春の疑いで逮捕された男。自宅から見つかったのは、わいせつな行為を映した大量の動画。相手は全て、制服姿の少女だったという。

     パスワードは「口を割らず」

    川鯉光起容疑者(34)は、去年7月、女子高生に現金を渡して、わいせつな行為に及んだ疑いで逮捕された。容疑は、児童買春だった。親からの相談を受けて埼玉県警が捜査に着手したもので、東京・豊島区の容疑者宅についても家宅捜索に乗り出した。
    詳細は不明だが、大学生をしているとされる川鯉容疑者。内縁の妻と同居しているという。捜査員が、室内から、パソコンやハードディスクなどを押収し、中を調べようとしたところ、ロックがかかっていたという。
    さらに、捜査員がパスワードを伝えるよう促すも、川鯉容疑者は「口を割らなかった」というのだ。「これは怪しい」と見た埼玉県警は、本格的な解析作業を進めた。すると、パソコンなどから出てきたのは、容疑者本人が、およそ40人の若い女性との性行為の様子を撮影した動画だったのだ。女性たちは、いずれも制服姿だったという。

     40人との性行為”動画” 26人は女子中高生

    県警は、川鯉容疑者が接触した女性たちを洗い出し、およそ40人のうち28人について、身元の特定に成功した。このうちの26人は、14~17歳(当時)の女子中学生・女子高生だった。内訳は、東京11人、埼玉3人、神奈川2人、千葉1人の他に、遠くは、栃木、静岡、大阪の少女もいたという。
    ”児童買春”の期間は、2018年12月~2021年6月。中には、複数回、会っていた少女もいたという。結局、県警は、川鯉容疑者が、26人の女子中学生・高校生を相手に、48回に渡って、性行為などに及んでいたことを確認した。

    川鯉容疑者は、今年2月、女子中学生1人と女子高生2人に対する児童買春の疑いで、逮捕された。さらに今月13日、少女たちとの性行為・わいせつな行為を撮影した動画あわせて89点を所持した疑いで追送検された。容疑は、児童ポルノ法違反だ。

    ※続きはリンク先で


    【「制服姿が好きで」女子中高生26人に児童買春 容疑者は34歳大学生 PCパスワード言わず 大量“動画”の中身に驚き 】の続きを読む

    このページのトップヘ