YouTube

    1: 名無しの速報 2022/08/09(火) 17:48:00.61 ID:CAP_USER9
    2022年08月09日 16時36分

     1本の動画に映った大阪府警の警察官の言動が物議をかもしている。

     警察好きで「警察官の方々の素敵な姿や警察車両の写真と動画を頑張って撮影してきた」というユーチューバー「神戸のわかおじ」が6月28日、自身のユーチューブチャンネルに「【大阪府警】警察官のあり得ない職務質問(?)」と題した動画をアップした。撮影は同26日。

     わかおじ氏が運転する車が左折した際、右車線にいた捜査中の府警のパトカーからクラクションを鳴らされ、「オラ! 危ねぇよ、お前だよ!」と停車させられた。「撮影です」と説明するもエンジンを切るよう命じられ、「何してんねん、おっさん」「何人や、お前? 日本人か?」と質問が続き「ユーチューバー? 答えろやコラ! このヤカラ!」と次第に警察官の怒気が強まっていく。

     さらに、名刺と免許証の提示を求められたわかおじ氏がなかなか提示しないでいると、警察官は「ガタガタさっきから文句いうなやコラ! オイ!免許持ってへんのやろ? どっちやねん! さっきからゴネやがってる理由はよぉ!なぁ!さっきからなんやねんお前!出せ言うてるやろがい」などと激高。まるで〝本職〟を思わせるかのような怒鳴りっぷりだ。

     その後も、嫌がるわかおじ氏の財布を見ようとしたり、顔にライトを当てたり…動画のファイルを削除するよう要求し、「(カメラ)壊したらこれ分からなくなるんちゃうん?」とも発言している。

     わかおじ氏は、不適切な言動を繰り返した警察官は2人だけで、他にいた警察官は適切な職務執行だったとした上で、今回の職質を「非常に怖かった」と振り返った。

     そして、「今回の件で大きく失望し、これまでにあった警察への気持ちもなくなった」として、この動画を最後にしばらく活動を休むと報告。再開することはないかもしれないとしている。

     この動画をユーチューブチャンネル「綾人サロン」が6日、「くっそガラ悪い大阪府警に強制停止させられた【コイツらヤクザか?】」として、検証付きで紹介。炎上している。

     府警は炎上について「動画がアップされていることは把握している」とし、人数は答えられないが、動画を見た人から「口調がきついのではないか」などと苦情が来ていると明かした。

     府警によると当時、薬物容疑者に対する職務質問をしていたといい、「薬物容疑の車・不審者を発見して追随していた。薬物容疑は症状が多数現れるので確認しながら追随していたところ、パトカーの後方に追尾したり、並走する車がいた。車の中にもカメラらしきものを積んでいたので、不信感があって職務質問をしたと聞いている」と説明した。

     対応が適切だったかについては「現在も調査中で、相手様ともやりとりを継続させていただいている。(処分などは)今後の話になる。今後、しっかり調査し、不適切と思われる点についてはしっかり指導していく」とした。


    【「答えろやコラ!」大阪府警の職務質問が〝本職〟まがいで炎上 府警は苦情認める 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/29(金) 09:45:51.09 ID:CAP_USER9
     67歳のホームレス男性に密着したYouTubeチャンネルが、開設からわずか2か月あまりで登録者数15万人を突破するなど話題を呼んでいる。

    ■横浜の路上でYouTubeディレクターからスカウトされる

     チャンネルの「主役」は、横浜市関内で路上生活をする無職の男性・ナムさん。彼のYouTubeチャンネル「ホームレスが大富豪になるまで。」が始動したのは、2022年5月11日のこと。

     日中からダンボールハウスでお酒を飲んでいたところ、YouTube作家集団「株式会社こす.くま」のディレクター・ヒヤマさんにスカウトされ、「仕事」としてYouTuberに取り組むこととなった。

     同チャンネルの概要欄によると、ホームレスYouTuberの生活が変わっていく様をリアルタイムで発信し続けることがコンセプトで、動画の収益はすべてナムさんに譲渡される、としている。こす.くま代表のすのはら氏はツイッターで、「この企画自体は5、6年前から暖めてい」た、とも明かしている。

     ナムさんがこれまでに投稿した動画は、7月28日昼時点でYouTubeショート含めて65本。中でも、6月10日に公開された表参道の美容室でヘアカットする動画は176万回再生、7月2日に公開された30年振りにディズニーランドへ訪れる動画は183万回再生に達するなど、大きな注目を集めた(※動画の再生回数は28日夕時点)。

     また、チャンネル登録者数も5月30日に1000人、6月22日に1万人、7月18日に5万人を突破するなど順調に推移していった。
     7月25日に公開した「【奇跡】67歳のホームレスがYouTubeチャンネル開設2ヶ月で登録者10万人を突破した時のリアクションが衝撃だった...」と題した動画では、登録者数10万人を目前に控えたナムさんのもとへ、快挙達成の瞬間に立ち会うべくヒヤマさんが急行した。

     登録者数約9万9500人時点からカウントダウンを開始し、ナムさんは「いや感慨深いね」としみじみ。そしてとうとう登録者10万人を達成すると、ナムさんは「もう開いた口が...」と驚きを露わにしつつ、「ほんとありがとう。これから先も見てくれてる人がずーっと俺のファンであってもらいたい。俺、ファンの人にものすごく感謝してるから。これからも応援よろしく」とメッセージを送った。

     その後、ヒヤマさんから「さすがに(登録者数)10万人のYouTuberなのでアパートとか家借ります?」と打診されると、ナムさんは「いや、ここで育ててもらったから。ここがあっての俺だから。もうちょっとここで頑張ってみるわ。今年の冬ぐらいまではここでいいと思う」と拒否していた。

     コメント欄には「ほんとに心の底から応援したい。100万人行くまで一緒に走って行きたい!」「1つの偉業、おめでとうございます」「本当に大富豪になってほしい....頑張ってください!!! 」などの声が寄せられている。

     なお7月28日昼時点でチャンネル登録者数は10万人を超え、すでに15万3000人に達している。

    JCASTニュース


    IMG_6481
    https://www.j-cast.com/images/2022/07/news_20220728185030.jpg
    IMG_6482
    https://www.j-cast.com/images/2022/07/news_20220728185103.jpg

    【67歳ホームレスYouTuberが大反響 2か月で登録者15万人超、美容室「変身動画」は170万再生 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/29(金) 18:06:01.14 ID:CAP_USER9
    2022年7月29日 17:56

    YouTuberの「煉獄コロアキ」が旧統一教会にパンツ一丁で突撃し、警察署に連行されたようです。
    煉獄コロアキ(煉獄カズアキとも)は、人気アニメ『鬼滅の刃』に登場する「炎柱・煉獄杏寿郎」に扮したYouTuberで、今年3月、「宮迫博之」が経営する焼肉店「牛宮城」の食肉偽装を疑い、突撃したことが話題となりました。

    そんなコロアキは今月29日、安倍元首相の銃撃事件をきっかけに注目を集めている世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に突撃したようです。

    コロアキと親交のある「折原 特別攻撃隊」のツイートによると、コロアキはTバックのパンツ一丁で「統一教会前でダンス」する予定だったそうですが、「急遽突撃する」と言い始め、「お父様を出せ」「不正献金辞めろ」「俺は責務を全うする」と旧統一教会に向かって叫んでいたそうです。

    その後、現場に警察官が到着。旧統一教会を「鬼」に見立て、コロアキは「柱として鬼狩りに来た」と伝えるも「恰好がおかしい」という理由で警察署に連行されたそうです。



    【ユーチューバーがTバックのパンツ一丁で旧統一教会に突撃 警察に連行される】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/12(火) 07:31:46.02 ID:CAP_USER9
    NHK党比例代表で初当選 ガーシー氏は帰国のピンチ?「国会出たい」も詐欺騒動で逮捕の可能性


    「芸能界の裏側」を暴露する人気ユーチューバーで会社役員ガーシー(本名・東谷義和)氏(50)がNHK党の比例代表で初当選した。
    選挙期間中は海外にいるとしてインターネットを中心に活動。

    中東のドバイに滞在しているとみられ、一度も帰国せずに当選。
    今後、国会出席に向け帰国したい意向も示した。


    ガーシー氏は11日未明、当選確実が報じられると、NHK党の開票センターにリモートで登場。
    「正直、びっくりしてます。国会で寝てるおっさん議員、全員叩き起こしますから」などと気炎を上げた。

    同日夜にも生配信し「国会でテレビで、どんどん暴露はやっていく」と宣言。
    一方、帰国については「立花(孝志党首)が日本に戻そうと動いてくれてる。それが明確になったら帰ります」と明かし「国会に初登院するのが楽しみ」と話した。
    また「母から“命だけは狙われないように”と言われた。安倍さんの件もあるので、そこだけは気を付けようと思う」と話した。


    ガーシー氏は詐欺騒動などを抱えている。

    5月の出馬表明の際には、動画配信で立候補の理由に「お金」と国会議員の「不逮捕特権」を挙げている。
    帰国すれば逮捕される可能性があるが、国会議員は会期中は逮捕されないため、帰国できるという主張だった。

    しかし、国会議員であっても犯罪事実が明白であれば現行犯逮捕され、所属する院の許諾があれば逮捕されることもある。
    国会法により、議員は召集日から7日以内に召集に応じる必要がある。正当な理由なく欠席を続けると、最終的に懲罰委員会にかけられ、最も重い懲罰は「除名」となる。


    参議院広報によると、過去に、当選した議員が登院せず懲罰を受けた例はなく、ガーシー氏が帰国しないままならどのような対応になるかは不明という。


    NHK党は「登院しないと除名などの可能性があることは認識しており、帰国については検討中」とした。


    ガーシー氏の記名得票数は28万7714票。
    得票の重みを受けて帰国して議員活動をするのかどうか。異例の形で誕生した“暴露系国会議員”の今後は不透明だ。



    【ガーシー・東谷義和氏は帰国のピンチ? 「国会出たい」も詐欺騒動で逮捕の可能性… ガーシーは会期中の『不逮捕特権』を主張 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2022/07/06(水) 11:04:56.89 ID:CAP_USER9
    2022.07.05 21:10

    過去に交友があった芸能人や人気YouTuber、企業経営者らに関する情報を自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」上で次々と明かし、注目を集めている“ガーシー”ことアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏。そのガーシーは5日、楽天グループ会長兼社長の三木谷浩史氏や俳優の綾野剛のプライベートに関する話を語っていた動画が、YouTube運営元から「警告」なしで削除されたとInstagramで明かし、物議を醸している。

    これまで数多くの芸能人のプライベートにまつわる話を明かしてきたガーシーだが、今もっとも激しく批判を展開している相手が、綾野や小栗旬、田中圭らが所属する芸能事務所のトライストーン・エンタテイメントと三木谷氏だ。

    ガーシーのもとには三木谷浩史氏の日頃の行動に関する情報や動画、写真などが多数寄せられているといい、近いうちにYouTubeチャンネルのなかで事情を知る人物たちを出演させ証言してもらう考えもあると予告していたが、6月29日にTwitterアカウントが凍結されたのに続き、昨日4日にはインスタライブも停止させられたことを報告。そして本日5日になり、「ガーシーch」上にアップしていた三木谷氏や綾野に関する動画のうち何本かが、YouTube運営元によって警告なしで削除されたことを明かした。

    「ガーシーはこれまで、三木谷さんサイドがYouTubeやTwitterの運営元に働きかけて自分のアカウントを凍結させようとしていると話してきた。もちろん真偽は不明だが、ガーシーは動画内で三木谷さんの家族のことを一人ひとり取り上げて批判めいた話もしており、さらに三木谷さん本人に対してはかなり強い口調で侮蔑的な発言も行っているため、運営元が“脅迫的”“公序良俗に反している”と判断すれば、ガーシーのチャンネル全体をBANする可能性はあるだろう。

    また、2日配信の動画内でガーシーは、ある芸能活動をしている女性の名前を挙げて三木谷氏との関係を語っており、これが女性側への重大なプライバシーの侵害だと判断された可能性もある。

    もしYouTubeがBANされても、情報発信元としてTikTokや有料のオンラインサロンという手段は残されているが、YouTubeとTwitter、Instagramという大きな影響力を持つプラットフォームを失えば、世間へのインパクトが弱まり注目度が下がってしまうのは避けられないのでは」

    ガーシーが語る三木谷氏に関する一連の話の真偽は不明だが、関連して三木谷氏と親交がある経営者たちの名前も次々と挙げられるなかで語られる“IT長者”たちの華やかな交遊録が、世間の人々の注目の的となっている面は否めない。

    「昨年に三木谷さんが岸田文雄首相の右腕ともいわれる某有力政治家と一緒に、六本木の某個室レストランで女性を交えて大勢で酒を飲んでいたという話もしているが、同じ店で三木谷さんがしょっちゅう息抜きをしているという話が数年前にも週刊誌に書かれていた。その記事とガーシーの話には内容が一致する部分も多々あり、週刊誌的なネタとしては興味を持たれるかもしれない」(週刊誌記者)

    【ガーシーch、ついに動画が強制削除 】の続きを読む

    このページのトップヘ