ニュース2020

    1: 名無しの速報 2021/01/06(水) 20:36:15.25 ID:ZbUQ3luv0● BE:123322212-PLT(14121)

    東京・新宿区のマンションの廊下で新聞紙などに火をつけ、マンションに放火しようとしたとして、ウーバーイーツ配達員の男が警視庁に逮捕されていたことが分かりました。

     現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕されたのは、東京・新宿区のウーバーイーツ配達員の元由健太容疑者(29)です。
    元由容疑者は去年11月30日午前0時すぎ、新宿区富久町のマンションで2階の廊下に新聞紙などを置き火をつけ、マンションに放火しようとした疑いがもたれています。

     火は直後に住民に消し止められ、けが人はいなかったということです。警視庁は犯行に至った詳しい経緯を調べています。

    【ウーバーイーツ配達員、新宿でマンションに放火して逮捕】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2020/12/28(月) 12:36:05.82 ID:usiJR3Hj0● BE:601381941-PLT(13121)

    家の中のアリを一網打尽にするも、思わぬ「反撃」を受け女性が死亡 大胆な駆除方法からの衝撃展開に恐怖

    家の中で、アリやゴキブリなど「害虫」と遭遇したら、戦闘モードになる人も少なくない。海外には、害虫を退治しようとして予期せぬ反撃に遭い、命を落とした人がいる。

    インド・チェンナイの住宅で、アリ退治のために放った火が女性に燃え移り、全身にやけどを負って死亡したと海外ニュースサイト
    『The New Indian Express』『The Times of India』などが11月23日までに報じた。

    記事によると11月21日夜、IT企業で働く27歳の女性は、自宅の自室で仕事をしていた。周囲にアリが出現し気になったため、女性は部屋を掃除することにしたそうだ。
    床をホウキで掃いていたところ、アリの巣を発見。母親に相談し、2人はアリを巣ごと燃やして、退治することにした。
    女性が巣にガソリンを注ぎ込み、母親が点火。直後、巣からアリがたくさん出てきたという。

    アリは女性の足にもはい上がってきた。女性はアリを振り払おうとして、持っていたガソリン缶を落としてしまい、液が飛び散ったようだ。
    火は服に引火し、女性は炎に包まれたという。女性の叫び声を聞いた父親が火を消し止め、女性と母親を病院へ連れていった。
    母親のやけどは軽く、その日のうちに退院。女性は全身の90%以上にやけどを負い、翌朝、死亡が確認されたそうだ。警察は、火災事故として処理を進めているという。

    このニュースが世界に広がると、ネット上では、「命を懸けたアリ退治。女性は完敗」「確かにアリ退治は難しい。何をやっても駆除できない。火あぶりにしたくなる」
    「アリの反撃が怖すぎる。駆除はプロにお願いした方が良さそうだ」「巣ごと燃やすの?その発想は斬新。それで本当に駆除できるのか?」
    「女性の不注意だね。ガソリンの取り扱いは気を付けなくちゃ」「家が火事にならなくて良かった」「お悔やみ申し上げます」など様々な声が上がった。

    【家でアリの巣を見つけた女性、駆除しようと巣にガソリンを流し着火 → 出てきたアリに驚き自身が燃える】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2020/12/30(水) 18:05:51.07 ID:z9EMYtYo0

    12/30(水) 18:02配信
    オリコン
    俳優の草なぎ剛(46)が30日、一般女性と結婚したことを所属事務所を通じて発表した。

    【草なぎ剛さん結婚】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2020/12/28(月) 09:00:27.23 ID:UdNknVr20● BE:609257736-2BP(6000)

    えっ違法なの?店や客、戸惑う声も

     クレーンゲームで取ったくじやピンポン球を景品と交換する行為が風営法に抵触するとして、県警が村山、最上両地方のゲームセンターとゲームコーナー3カ所を行政指導したことが23日、分かった。運営する企業は対象のゲームを撤去した。県内には同種のゲームが広く設置されており、他の店舗も対応を迫られそうだ。
     風営法は第23条第2項で、ゲームセンターなどでの遊技の結果に応じた賞品提供を禁じている。違反すると、6月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、その両方が科される場合がある。ただ、同法の解釈運用基準で、クレーンゲームで800円以下の景品を「直接」取らせることは認められている。
     複数の関係者によると、問題とされたのはクレーンでくじを取るゲームやピンポン球をすくって「たこ焼きプレート」の穴に入れるゲーム。
    客が獲得したくじやピンポン球を景品に交換する行為などが違法(二次交換)と県警から指摘されたとみられる。
    ゲームセンター、ゲームコーナーとも県内の企業が運営しており、担当者は取材に「指導を厳粛に受け止め、法律にのっとって営業を続けていきたい」と答えた。

    【クレーンゲームを使ったくじやピンポン玉を特定の穴に入れる遊戯、実は風営法違反。】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2020/12/28(月) 13:52:48.72 ID:eJR4j8eb0● BE:916176742-PLT(16000)

    中国の19歳の少女が最新スマートフォンが欲しいが為に自身の卵子を売ってしまった。
    女子大生の少女はオンラインで知り合った顔見知りの仲介屋に15万元(約230万円)で自分の卵子を売ったのだ。

    得たお金で少女は最新のiPhoneやノートパソコン1台、化粧品などを購入した。少女の卵子を不法購入した仲介業者は、
    この卵子を49歳の男性に転売して利益を得た。この49歳の男性は少女さんの卵子を購入し、自分の精子との人工受精を試みたという。

    ただ、仲介業者は少女との契約の際、今後生まれる子どもに対する法的な権利と義務を放棄するという覚書を作成した。

    さらに驚くべきことは、自分の卵子を販売した直後の少女の行動だ。彼女は自分の卵子を販売し大金を手にした直後、直接販売業を行った。
    いわゆる少女が仲介業者になったのだ。

    少女はSNSなどを通じて卵子を高価で買い取ってほしいという広告を多数掲載。これにより大学の同期や先輩、
    後輩など卵子を販売できる10代後半~20代前半多数を取り込むのに成功した。その後、売買業者で大学の同期を仲介する業務を行い、
    この販売業務で少女は大学の同期を紹介した見返りとして1人当たり5000元(約8万円)相当の仲介料を得た。

    広告を掲載してからわずか7日~14日の間になんと1~6万元(約16万円~95万円)の高収入を得た。



    IMG_7698
    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/12/ranshi_2.jpg

    【19歳の少女が最新スマホを買うために卵子を売ってしまう その後仲介業者に転身】の続きを読む

    このページのトップヘ