ニュース2021

    1: 名無しの速報 2021/03/04(木) 23:06:14.27 ID:FuJdwAQG0 BE:816491279-2BP(2000)

    片言の日本語でアメリカ大統領のフリをしていたということです。

     愛知県蟹江町の介護職員・房野吉宏容疑者(44)らは、
    2018年12月と2019年1月にトランプ前大統領などの名前をかたって
    「国際保護の保険が掛けられています。キャンセルの手続きにはお金が必要です」などと嘘を言い、
    現金合わせて90万円をだまし取った疑いが持たれています。

     トランプ前大統領のフリをする際には、片言の日本語で嘘の説明をしていたということです。

     警察の取り調べに対し、「お金は借りましたが、だましていません。被害者の妄言です」と容疑を否認しています。

    【【悲報】「ドナルド・トランプデース。90マンエンフリコンデクダサーイ」→逮捕w】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/03/04(木) 23:31:27.47 ID:fI4Qe4zo0● BE:844481327-PLT(13345)

    自分が死んだと装って知人男性から葬儀費用などをだまし取ったとして、稲敷署は4日、詐欺の疑いで、東京都葛飾区、無職、男(27)を逮捕した。男は容疑を認めている。同署によると、男の母親が被害男性の妻と知人で、男性はこのほかにも入院や法要の費用などとして現金を渡していたといい、同署は余罪や動機を調べる。

    逮捕容疑は、昨年9月30日と10月10日、自分が死んだと偽り、自分の友人を名乗って美浦村、会社員、男性(55)に「葬儀費用が不足している」「墓石費用が足りない」などと電話をかけ、自分名義の口座に現金計3万9千円を振り込ませ、だまし取った疑い。同11月、男性が同署に相談して発覚した。

    【自分が死んだと偽り、知人から葬儀費用や墓石代をだましとる 無職男(27)逮捕】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/03/04(木) 18:33:06.17 ID:j4tKjday0● BE:123322212-PLT(14121)

    料理宅配サービスのウーバーイーツジャパン(東京)が3月から、一部地域で配達員の報酬体系を見直したことが4日分かった。
    配送距離などに応じて算出する基本料の水準を下げ、報酬総額は平均で約3割下落したとみられる。
    新型コロナウイルス流行に伴う解雇や雇い止めの影響で配達員の成り手が増える中、労働環境の悪化が懸念されている。

     労働組合「ウーバーイーツユニオン」や複数の配達員への取材で明らかになった。2019年冬以来の大幅改定で、
    ウーバーは今月から福岡県と京都府で新たな報酬体系の運用を開始した。他の地域にも広げる可能性がある。


    【ウーバーイーツ配達員、今月から報酬3割カット】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/03/04(木) 21:16:22.53 ID:h6C3H8Gw0● BE:896590257-PLT(21003)

    首里城の火災、消防「原因不明」 建物など損害53億円
    2021/3/4 19:41 共同通信社

    正殿などが焼失した2019年10月の首里城の火災について、市消防局が「火災原因は不明」とする調査書を
    まとめたことが4日、情報公開請求で分かった。正殿など全焼6棟に加え、調査中だった奉神門と女官居室
    の2棟を部分焼と断定。建物と収容物を合わせた損害額は約53億円と算定した。

    調査書によると、全焼6棟の焼損面積は計3813平方メートル。沖縄県警も放火などの事件性は否定した上で、
    原因を特定できずに捜査を終えている。

    調査書は、正殿の1階で通電していた延長コードと、その先の発光ダイオード(LED)照明器具で何らかの
    電気的異常があった可能性を指摘した。



    IMG_9549
    【【沖縄】首里城の火災原因を消防局が発表。なんと・・・】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/03/04(木) 12:35:55.48 ID:QMSpgWnY0 BE:422186189-PLT(12015)

    みずほ銀行は3日、2月28日に起きた障害でATMから出せなくなったキャッシュカードや預金通帳(全5244件)のうち、2日までに約8割を利用客のもとへ返したと明らかにした。残り2割については、現時点で返却の見通しが立っていないとしている。

    【関連記事】

    みずほ銀行ATMで障害 取引停止、カード戻らず
    みずほ銀行に報告命令 金融庁、原因究明へ

    3日正午に開いた自民党の財務金融部会・金融調査会の合同会議で、猪股尚志・常務執行役員らが障害の原因や一連の経緯とともに説明した。

    ATMが正常に作動しない場合、利用者が入れたカードや通帳は一時的にATMへ取り込まれる仕組みとなっている。みずほは全国の営業店でカードや通帳を回収し、利用客の履歴を確認しながら返却の作業を急いでいる。ピーク時には約8割にあたる約4300台のATMが動かなくなったが、1日午後3時までに全面的に復旧した。
    みずほ銀行の障害に関し、出席した議員からは厳しい指摘が相次いだ(3日正午、東京・永田町)

    会議では2月27日から28日朝方までに行った定期預金に関するデータの移行が引き金になったと改めて説明した。月末に更新を迎えた定期預金のデータ(25万件)移行が重なり、準備していたメモリーの容量を超えてエラーが発生。ATMやインターネットバンキングをつかさどるシステムに波及し、正常な取引ができなくなった。猪股氏は「大変なご不便をおかけし、深くおわび申し上げます」と陳謝。出席した議員からは「謝って済む話でなく、金融庁は厳しい対応をすべきだ」との意見も出た。

    金融庁は3日までに、銀行法に基づく報告徴求命令をみずほ銀行に出した。障害が発生した経緯や原因について説明を求め、再発の防止を求めていく。みずほは障害の原因となったメモリーを5倍に増強したほか、緊急時における運用面の対応を再検討する考えも示した。

    【みずほ銀行、メモリーを5倍に増強!】の続きを読む

    このページのトップヘ