ニュース2021

    1: 名無しの速報 2021/11/28(日) 06:34:05.17 ID:fFvgGyGn9
    共産党の志位委員長は27日、中央委員会の総会で、10月の衆議院選挙では、野党共闘で自公政権に「攻め込み、追い詰めた」として、野党の共闘の継続を訴えた。

    共産・志位委員長「今回の総選挙は、支配勢力に攻め込み、追い詰めた」、「野党の共闘は重要な成果を勝ち取ったことをまず強調したい」

    共産党は、10月の衆院選で立憲民主党などと共闘したが、12から10に議席を減らした。

    志位委員長は、総会で「限定的な閣外協力でも、共産党が協力して政権が生まれたら、政治を根本から変える巨大な一歩となり、支配体制を土台から揺るがす」と述べた。

    そして、「野党共闘を前進させるため、今後も揺るがず力を尽くす」と述べ、2022年の参院選でも共闘を継続すべきだとの認識を示した。


    【志位委員長「共産党が協力して政権誕生なら、政治を根本から変える巨大な一歩となり、支配体制を土台から揺るがす」 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/11/27(土) 20:54:36.02 ID:51uUqWXO9
     商業施設の屋上から買い物用のカートを歩道に投げ落としたとして、大阪府警は27日、府内の中学2年の女子生徒(14)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。府警によると、「遊び半分でやった」と話し、殺意は否定しているという。

     住之江署によると、逮捕容疑は、いずれも13歳の女子生徒2人と共謀し、26日午後6時25分ごろ、大阪市住之江区新北島1丁目の商業施設の屋上から、約20メートル下の歩道にカートを投げ落としたというもの。カートは歩道を歩いていた男性(53)のそばに落ちたが、男性にけがはなかった。

     男性が「カートが落ちてきた」と110番通報。防犯カメラの映像などから女子生徒らの関与が浮かび、住之江区内の公園で見つけて署に任意同行したという。

     3人は中学校の同級生。14歳未満は刑法により刑事責任を問われないため、署は13歳の少女2人を触法少年として児童相談所に通告する方針。

     現場は大阪メトロ四つ橋線住之江公園駅の地上出入り口のそば。

    IMG_7305

    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20211127000936_comm.jpg 屋上から買い物用のカートが落とされたとされる商業施設=2021年11月27日午前10時8分、大阪市住之江区

    【「遊び半分でやった」ドンキの屋上から20m下にカートを投げ落とす→歩いていた男性のそばに落ちる 女子中学生(14)を殺人未遂で逮捕】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/11/27(土) 20:59:07.08 ID:T86wcIVa0 BE:762376718-PLT(12000)
    副業で少ない収入を補おうと考える人は多いが、できれば楽しみながら稼げるに越したことはない。そんな中、趣味の代行サービスが最近じわじわと需要を増やしているとか。

    例えば、プラモデルは完成までの作業過程が楽しかったりするわけだが、一方でその作業が面倒だと感じる人もいる。
    また、DIYにしても同様で日曜大工に興味があっても道具が揃っていなかったり、そもそも手先が器用ではないという人も多いだろう。

    「ココナラ」をはじめとするスキルシェアサービスサイトでは、こうした趣味の作成代行を請け負う登録者もよく見かける。

    (中略)

    ただし、どちらもそれなりの技術が必要。もともと個人的な趣味としてやっていた人にはいいが、一度も作ったことがない人には難しそうだ。
    しかし、そういう人でもジグソーパズルなら個人のスキルで報酬に差が生じることもなく、比較的手を出しやすいとか。

    「その分、こちらの相場は、額縁代別途でピース数×2~3円と安い。手頃な500ピースパズルの平均制作時間は5~7時間で都道府県の最低時給を大きく下回ります。
    ただ、お酒を飲みながらでも楽しめますし、休日の時間つぶしがカネになると考えれば、お得なのかもしれませんが……」

    以下ソース

    【忙しい人に代わってプラモやジグソーパズルを完成させてあげる「趣味の代行サービス」が静かなブーム 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/11/26(金) 19:52:53.97 ID:dyWmqPZS9
    【北京=三塚聖平】中国国防省の呉謙(ご・けん)報道官は25日の記者会見で、中国軍が極超音速兵器を搭載できる新型弾道ミサイル「東風(DF)17」を既に相当数配備していることを明らかにした。現在の米国のミサイル防衛(MD)では迎撃不能とされており、米国や日本、台湾などに対する脅威が増しているとみられる。

    中国は、2019年10月に北京で行った建国70年の軍事パレードでDF17を初披露。米国防総省が3日に公表した中国の軍事力に関する年次報告書では、中国が20年にDF17の運用を始めたと指摘している。

    グアムの米軍基地を核攻撃できる中距離弾道ミサイル「東風(DF)26」も相当数配備していることも表明した。

    呉氏は、これらは20年までの成果だと強調した上で、「全力で武器装備の現代化を加速させる」と強調した。


    【中国「極超音速」搭載可能な弾道ミサイル相当数配備 現在のミサイル防衛(MD)では迎撃不能 】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/11/26(金) 20:39:46.84 ID:vSRgj/9S0● BE:886559449-PLT(22000)
    非難しつつ再投稿! マドンナ、バストトップが見えた写真をインスタグラムに無断で削除される

    11月25日(現地時間)にベッドで撮影したポートレートをアップしたマドンナ。ランジェリーにフィッシュネットの
    ストッキングというセクシーな装いでバストトップが見えているものも。マドンナはハートの絵文字で隠している。


    実はこれは再投稿。マドンナは同じ写真を前日の夜にも投稿していた。ただしそのときはハートの絵文字をつけていなかったため
    インスタグラム側に削除されてしまった。マドンナ曰く「インスタグラムが警告も通知もなしに削除した写真をもう一度投稿する。私のアカウントを
    管理しているのはマネージメントチームではないのだけれど、インスタグラム側は彼らに連絡してきて乳首がほんの
    少し露出しているから削除したと理由を説明した」。

    マドンナはインスタグラムの言い分を猛批判。「私たちが、女性の体のあらゆる部位を見せることができるのに乳首は
    許されないというカルチャーの中に今もいることに驚かされる。まるでそこが女性の体の中で唯一、性的な部分であるかのようだ。赤ちゃんに栄養を与えるためのものなのに!」と綴っている。
    さらに男性の場合は問題にならないことに怒りも。「男性の乳首はエロティックだと受け止められないということ? 
    まったく検閲されない女性のヒップはどうなの? 過去40年にもわたって検閲や性差別、年齢差別、女性嫌悪を経験しつつ正気を保ってきた私に感謝して」。


    【非難しつつ再投稿! マドンナ、バストトップが見えた写真をインスタグラムに無断で削除される】の続きを読む

    このページのトップヘ