ニュース2021

    1: 名無しの速報 2021/01/22(金) 08:54:03.57 ID:pgYDY9fn0

    1/21(木) 22:45
    デイリースポーツ

    石田純一が謝罪 都内焼き肉店で10人ほどで会食…「また不快な思いを」

     俳優の石田純一(67)が21日、自身のYouTubeチャンネルにて「【緊急生配信】週刊新潮の記事について包み隠さずお話します」と題し、生配信を行った。

     緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大した直後の今月14日に、都内の焼き肉店にて大人数での会食を行ったことが21日に発売された「週刊新潮」にて報じられていた。

     石田は、今月14日にYouTubeの初配信を終えた後、友人を含めた3人で会食に出かけたという。
    その後、店内で知人2組と合流し、一時は10人ほどでの食事となったことを認めた。石田は「自粛している世の中で、また不快な思いをさせてしまって、ほんとに申し訳ありませんでした」と謝罪。
    会食について、妻の東尾理子(45)からは了承を得ていたといい、「ほんとに気をつけてね」と声をかけられたという。

     生配信では、視聴者から「芸能人としての自覚が足りない」「医療従事者に謝るべき」など厳しいコメントが寄せられた。

    【【悲報】石田純一さん、今度は10人で焼き肉会食をして謝罪。「不快な思いをさせて申し訳ない」】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/01/21(木) 20:15:24.50 ID:f5ycteog0● BE:882533725-PLT(15141)

    中国が台湾人に優先的にコロナワクチン接種、台湾政府は警戒
    1/21(木) 14:13配信

     1月21日、中国当局は本土に滞在する台湾人に対して優先的に新型コロナウイルスワクチンの接種を実施しているが、台湾政府は人気取り政策の一環とみて神経を尖らせている。

    [台北 21日 ロイター] - 中国当局は本土に滞在する台湾人に対して優先的に新型コロナウイルスワクチンの接種を実施しているが、台湾政府は人気取り政策の一環とみて神経を尖らせている。

    台湾ではワクチン接種は始まっていないが、中国本土では台湾人に対して無料で接種が行われている。

    共産党序列4位の汪洋全国政治協商会議主席は今週、台湾人が「祖国との統一」に利益を感じられるように、台湾人に対して包括的な便益を提供するよう政府関係者に指示した。

    中国本土でワクチンの接種を受けた台湾人の数は明らかでない。

    この問題を調査している台湾の安全保障当局者は「これは中国本土に対する台湾のビジネスパーソンの忠誠心を強め、与党民進党に一段と圧力を加える戦略だ」と語った。

    台湾で対中政策を担当する大陸委員会は声明を発表し、ワクチンの接種は医療専門家の問題であり「政治的な宣伝活動として利用すべきではない」と指摘。
    中国でワクチン接種を受ける際には「安全性と必要性を慎重に評価」すべきとし、今後も状況を注視していく考えを示した。

    台湾当局は中国製ワクチンのリスクを繰り返し指摘し、中国で接種を受けても台湾に戻った際には2週間の自主隔離を義務付けている。

    これに対し、中国の国務院台湾事務弁公室は台湾政府が「政治的な目的」で中国のワクチンに対する「根拠のない懸念」を広めていると非難し、ワクチンは「非常に安全」と主張している。

    台湾は英アストラゼネカ製のワクチン1000万回分を含む約2000万回分のワクチンを手配したが、配布は3月以降になる予定だ。

    【【新型コロナ】中国、本土在住の台湾人に対して中国人より先にワクチン接種、しかも無料】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/01/21(木) 15:10:13.10 ID:ig4vsuWQ0● BE:756940856-2BP(2000)

    「コントロール失った」 中高生8人が乗った軽自動車電柱に衝突 1人死亡

    FNNプライムオンライン

    神奈川・藤沢市で20日夜、10代の男女8人が乗った軽自動車が電柱に衝突し、17歳の男子高校生が死亡、中学生を含む10代の男女6人が重軽傷を負った。

    20日午後9時半すぎ、藤沢市鵠沼神明の県道で、中学生や高校生など男女8人が乗った軽自動車が電柱に衝突した。

    この事故で、高校2年の九十九海斗さん(17)が死亡したほか、14歳から17歳の男女6人が、骨折などの重軽傷を負った。

    目撃者「男性が、下半身が車の中で、上半身が外で、血だらけの状態。誰から救っていいかわからなかった。どうしてぶつかったんだって言ったら、『なんとなくぶつかっちゃった』って」

    車は、定員が4人で、運転していた19歳の少年は、「コントロールを失った」という趣旨の説明をしていて、警察は事故の状況をくわしく調べている。
    IMG_8416
    https://i.imgur.com/6HpoVEf.png

    【【車カス】軽自動車に8人。電柱ぶつかり亡くなった九十九海斗さん(17)上半身と下半身分離していた】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/01/20(水) 22:38:38.92 ID:pxI9bJ0N0

    和歌山県警白浜署が、知人女性に対する強制わいせつの疑いで、女性タレントのラブリさん(31)を昨年3月に書類送検していたことが20日、捜査関係者などへの取材で分かった。同署が送検時に付けた刑事処分に関する意見の内容は、明らかになっていない。

     複数の関係者によると、書類送検容疑は2019年5月、同県白浜町の宿泊施設の一室で、一緒に旅行していた知人女性にわいせつな行為をした疑い。女性は同年8月に告訴状を白浜署へ提出したという。

     ラブリさんの所属事務所は取材に「対応は弁護士に任せている」と答えた。担当弁護士は「犯罪に当たる行為はなかった」と主張している。

    【【速報】女性タレントのラブリさん(31)、書類送検】の続きを読む

    1: 名無しの速報 2021/01/20(水) 14:10:16.31 ID:nhxW/xk10

    母の遺体燃やす 死体損壊・遺棄で被告、起訴内容認める 仙台地裁初公判

    同居していた母親の遺体をバーベキュー用のかまどで燃やしごみ集積所に捨てたとして、
    死体損壊・遺棄の罪に問われた村上陽都(はると)被告(22)=仙台市太白区=の初公判が19日、仙台地裁(大川隆男裁判官)であった。
    村上被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

     検察側は冒頭陳述で、村上被告が母・淑さん(当時55歳)の口座から無断で数百万円を引き出し、
    オンラインゲームの支払いに充てていたことがきっかけで、事件当日に口論になったと指摘。
    その後、死亡した淑さんを「失踪したことにして隠そうとし、ごみ集積所で遺体を燃やした」と主張した。

    【【悲報】母の金を数百万をゲームに使い、突き飛ばして殺しゴミとして捨て隠蔽した男、起訴内容を認める】の続きを読む

    このページのトップヘ